スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳・編笠山~権現岳

編笠山頂上と後ろは権現方面

青年小屋と権現岳

権現へのクサリ場

無名のピークからの眺め

権現岳頂上

三ツ頭から下った樹林帯

トウヤクリンドウ タカネナデシコ?と蝶

ヒメシャジンかな? 三ツ頭下山道周辺の花
@八ヶ岳・編笠山~権現岳 (観音平~編笠山~権現岳~三ツ頭~観音平) 
※休憩・道間違い込みの9時間40分

登山の楽しみの一つが「鳥と会話」です。
って勝手に会話をしてるつもりになっている私~♪ 
方法は「口笛」、ただ真似たり、鳥っぽく吹くだけ。
周りにハイカーがいないとなると、すぐに口笛を吹きたがる私デス。
そしたら~鳥ではなく~鹿さんと会話ができたんです!!!(注:思い込み)

「キュ~ンッ!」

あ!!鹿や! すぐさま鹿の声を真似て口笛を吹く。「キュ~ンッ!」

鹿:「キュ~ンッ!」

   返ってきた~~~~っ!!!もう一回!! 「キュ~ンッ!」

鹿:「・・・・・。」

   あれ、音を間違えたみたい。もう一回! 「キュ~ンッ!」

鹿:「キュ~ンッ!」

わ~~また返ってきた~~~~~~っ!!! 会話ができたよ!
思い込み喜んでるけど、実はこの後、ずっと無視された(泣)まぐれかな。

毎度毎度、口笛で思い込み会話をしてるのを気の毒に思った
相棒が「鳥笛」を買ってくれて試みたのだが、あれは邪道やわ。
と、自分の口笛が一番イイとやっぱり思い込む私なのでありました。

しまった、山のことなんも書いてなかった・・・。え~と・・・。

スポンサーサイト

夏休み

ここら辺に決定!

飛び込んだ修ちゃん

必死で石を探す
@高知・仁淀川支流

お盆休み~はもう5日も前のこと~♪

家族で仁淀川支流のキレイな場所を探しつつ泳ぎに行ったよん。
子供らがいるので、浅目のこの辺になりました。
上流とあって、水がとても冷たいのだけど、猛暑日には気持ちよかった!

2枚目の写真は・・・・60歳も過ぎた父・修ちゃんが岩の上から
飛び込んだら、ああなった・・・。
この日子供たちよりも一番怒られたのは修ちゃんでした。
「歳を考えなっ!」ってね(笑)

最後は、全員で水切り合戦!!!!!
必死によく飛びそうな石を探して、「何段!何段!」と大盛り上がり。
ちなみに私の最高は4段しかなかった(泣)

私の相棒は「水切り」遊びを知らんかったみたいやけど
知らん人がおるなんて!!!と田舎もんの私らはビックリじゃ。
(大げさ?おほほ。)

南ア・甲斐駒ヶ岳

駒津峰から甲斐駒ヶ岳・・・ガスで見えない

仙丈ヶ岳

直登ルートはここから

神社のあるところ

駒ヶ岳頂上

タカネコウリンカ 甲斐駒ヶ岳周辺の植物

タカネツメクサ ウサギギク
@南アルプス・甲斐駒ヶ岳
(北沢峠~双児山~直登ルート~甲斐駒ヶ岳~迂回ルート~仙水峠~仙水小屋~北沢峠)

最近は天気がどうもよろしくなし。
写真はいい天気に見えてるかもかもだけど、実は駒津峰への
下り途中に雷ゴロゴロ始まった~~~~ぁ~~のだ。
もうここからはひたすら小走り下山!あ~ん。また小走り下山じゃ。
だって、雷が大の苦手なのです(涙)

日帰りだから広河原行きのバス最終便が15:30=3=3=3
北沢峠7:20出発、14:40下山、セ~フ~~~!

北沢峠の往復はお気軽に日帰りで行けてしまった。
やっぱり黒戸尾根を歩かねば甲斐駒を登ったことにならんのじゃろか。
次、頑張ります・・・。

夜叉神峠付近で車が山手に乗り上げ横転したとかで
広河原から芦安に乗合タクシー乗ったけど通行不可とな。
上下のバスやタクシーも足止めをくらい13:30に出たバスは
3時間も・・・お気の毒です・・・。
ちなみに私たちは10分くらいの足止めですみました・・・。

8年ぶりの再会

ドキドキ。
ドキドキ。

無方さんと8年ぶりの再会。それも一瞬だけ。

「良かった~!覚えてくれてた~?」と私。
「あ、うん。ちょっと髪の毛が黒いから、でも分かります。」と無方さん。

ええええーーーつ!
そこっ。
髪の毛なん・・・。

無方さんの奥さんである友人のトモ~ミから横浜のカルチャーセンターで
講義をするっていう案内を送ってもらったので、駆けつけたのでありました!

講義後のサイン会に長蛇の列ができてたので、ちゃんと挨拶もできず
帰ってきてしまった・・・許ちて・・・無方さん。

トモ~ミからは面白く紹介してと言われたけど、できへ~んっ(汗)
これまた許ちて・・・。

変わらず無方さんは優しい目をしてたよ。
それに貫禄も出てた。
でも、相変わらずデッカかった。

無方さんは兵庫県新温泉町にある安泰寺っていうお寺の住職ですよ!
ネルケ無方さんの本、発売中です!!!
おもしろいで~!(当たり前)

<strong>迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)</strong>迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)
(2011/01)
ネルケ 無方

商品詳細を見る

私にとっては「大阪城でのホームレス修行生活」頃のお話は
めちゃ懐かしく、思い出いっぱいだよ~!

さらに、こちらの表紙も飾ってましたよ。
考える人 2011年 05月号 [雑誌]考える人 2011年 05月号 [雑誌]
(2011/04/04)
不明

商品詳細を見る


読んでけろ。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orange_county

Author:orange_county
いつも気ままに生きていますゥ。

「変わってるね」と言われると 
ちょっと嬉しい典型的なB型の気
ありますゥ。

海も山も街
どの過ごし方も好きですゥ。
とりわけ近頃は山かなァ。

はやくスローライフをおくりたいと
願っていますゥ。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ありがとう
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。